超都市国家シンガポール的日常 ブログ

HP「超都市国家シンガポール的日常」の日記です。日本を離れた旅好きのオタクは、シンガで生き延びることができるか?
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
ペナン・ラクサが食べられる!「ラクサニア・エクスプレス」
私の好物、ペナンラクサのことについて、ぜひ書かせて下さい。
シンガポールの名物料理のラクサ(いわゆるシンガポール・ラクサ)は、ココナッツミルクをベースにしたスープが特徴の麺料理。実は私、このココナッツミルクが苦手です。よってラクサはあまり好きではないのですが、「ペナン・ラクサ」は別!こちらは大丈夫、というか、むしろ大好物だったりします。



シンガポールでは、ペナン・ラクサを食べられるお店が限られるのですが、4月に訪れたときに発見しました。ビボシティの地下2階にあるフードコート「コピティアム」の中に、「ラクサニア・エクスプレス」というストールがあるのを!
ここのメニューの看板には、シンガポールラクサだけでなく、サラワク・ラクサやミャンマー・ラクサなど東南アジア中のラクサが並んでいたのです。よくよくチェックしたら、私が愛するペナン・ラクサもあったんですよ!



早速ペナン・ラクサを注文してみたらば、すぐに出てきました。コレだー!
一瞬ドキっとする黒々したスープは、酸味を感じさせる匂いを放っています。蓮華でスープを口に運んでみたら、魚のダシにトウガラシが入ったピリ辛味。そしてタマリンドを効かせた酸味が、味蕾を刺激します。コレだー!!シンガポールで、この味が気楽に食べられるなんて、感激・・・!



そもそも私は、ピリ辛さと酸味のバランスが絶妙な料理に弱いのです。
私が東南アジアで好きな料理といえば、フィッシュ・ヘッド・カレー、アヤム・ブアクルア、トムヤムクン、そしてペナンラクサなど、ピリ辛で酸味の効いたお料理ばっかり。ローカルのお友達にも、その好みのわかりやすさを指摘されていたぐらいです。ペナン島に遊びに行ったときなどは、昼も夜もせっせとペナン・ラクサを食べていました。いくら食べても飽きない味です。

ああ、シンガに住んでいた間に、このストールを知っていればねぇ。
この次にシンガポールへ遊びに行く機会があれば、またビボシティに立ち寄って、このストールでペナン・ラクサを食べようと思います。クセになる!

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ 

↑ランキングに参加しています。押していただけると励みになります。


↑本家サイト。
| あさぱん(Asa-Pan) | レストラン | 20:41 | comments(0) | trackbacks(0) | -
絶品アヤム・ブアクルアを食べに、Gd O'timesに走る!
本帰国の直前に、プラナカン料理を食べに行きました。
会社から貸与されている車(日産車)を手放す前日に、
「どこか、車でしか行けないレストランに夕食を食べに行こうか」
「じゃあ、チャンギ・ビレッジのプラナカン料理店!」

と言う話になったのです。実はアヤム・ブアクルアが大好きな私…



訪れたのはGd O'timesというお店。ローカル客に愛されています。
かつてプラナカン・レストランで修業をした、インド系のシェフが作るお料理が、おいしいのなんのって。プラナカン料理は「ニョニャ料理」とも呼ばれ、中国からの移民が、マレー半島や西洋の食文化をミックスさせて生み出していったものです。
その特徴は、マレー料理のスパイスや木の実、タイやインドのハーブが、ふんだんに使われていること。何が隠し味なのかすぐにはわからない、複雑で深ーーい味わいが魅力です。中でもアヤム・ブアクルアは代表的なメニューです。



外見は地味ですが、奥深い味にハマるのが、このアヤム・ブアクルア。
カテゴリとしては、プラナカン風ハヤシライス、あるいはチキンカレーといったところでしょうか。でも、この二つとはぜんぜん異なる味です。鶏をブラック・ナッツ(ブアクルア)で煮込み、ごはんを添えて食べる料理。
このブラック・ナッツの使い方が、たいへん凝っています。二晩水に浸した実を二つに割り、中身を砕いて干しエビやスパイスを混ぜ込んだものを、また殻に戻してソースと一緒に煮込んでいます。手の込んだブラック・ナッツが醸し出す、奥深い味のソースが最高。
このお店のアヤム・ブアクルアは、特に酸味と辛さのバランスが絶妙なのです。ナッツの中身のペーストも、ほじくって食べるとおいしいんですよ!



カニ入り肉団子のスープのバクワン・ケピティンや、豚ひき肉を湯葉で巻いて揚げたンゴー・ヒャンも、おかわりしたくなるおいしさです。プラナカン料理の奥深い味は、一度食べてみる価値があると思います。
とは言え、このお店は市中心部から、車で30分くらいかかります。今後私たちがシンガポールへ遊びに行くことがあったとしても、そうそう簡単にここを再訪することはできないでしょう。記憶の中の味を留めておくために、この日記を書いてみました。シンガポール在住で車を持っている方は、機会があったら足を運んでみてくださいね。

◆Gd O'times: Blk 5 Changi Village Road, #01-2017

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ 

↑ランキングに参加しています。押していただけると励みになります。


↑本家サイト。
| あさぱん(Asa-Pan) | レストラン | 23:45 | comments(1) | trackbacks(0) | -
お一人様フィッシュヘッド・カレー@マリーナ・スクエア
普段私がよく行くフードコートは、オーチャード・ロードのものです。
アイオンのフード・オペラや、リニューアルされたウィスマ・アトリアのフード・リパブリックなどには、特によく出没します。しかし「たまには窓外の景色でもゆっくり眺めながらローカルフードを食べたい」というときに選ぶのは、断然ここです。



マリーナ・スクエアの4階にあるフードコート、ギャラリー
南側の壁が全面ガラス張りになっていて、目の前にどどーんとマリーナ・ベイ・サンズが見られます。窓に近い円卓に陣取ってこの景色を見ながら、5ドルくらいでローカル料理を食べると、「おお、シンガポールっていいねー」と改めて感じ入ります。



ところで私は、フィッシュヘッド・カレーが大好きです。
シンガポールのインド料理の代表格で、「リトルインディアに行ったらこれを食べておけ!」という感じの観光客向けメニューですが、食べるたびにワクワクします。盛椀の中にごろりと入った魚の頭が迫力で、ピリ辛だけど酸味のあるカレースープによく合っています。ところがこれ、ボリュームが大きいものですから、通常2〜3人前からしか注文できないのが玉に瑕。インパクトが強すぎる料理だからか、これをしょっちゅう一緒に食べてくれる人は周りにあんまりいません(泣)。し・か・し…



このギャラリーの中には、お一人様用フィッシュヘッド・カレーが食べられるストールがあるのです!『ジェイド・オブ・インディア・フェスト』というこのお店(壁の上部に大きく「インディアン・キュイジーヌ」と書かれています)では、フィッシュヘッド・カレーにごはんとパパド(大きな豆のチップス)が付いた、セットメニュー↑が用意されています。
椀の中にごろんと入った魚の頭は、リトルインディアの名店のものに比べれば小ぶりですが、食べ応えたっぷり。オクラやナスとともによく煮込まれており、スパイシーかつ酸味が効いたカレースープにぴったりマッチします。6.8ドルとお手頃な価格も嬉しいポイントです。

エキサイティングな景色を見ながら、一人でフィッシュヘッド・カレーを食べたくなったときには、ぜひ足を運んでみてください。一人旅の方にもオススメです!

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ 

↑ランキングに参加しています。押していただけると励みになります。


↑本家サイト。
| あさぱん(Asa-Pan) | レストラン | 18:15 | comments(0) | trackbacks(0) | -
魅惑のバターチキン@インディアン・エクスプレス
先日、アイオン地下4階のフードオペラに行ったときのことです。
その日は「ホワット・ユー・ドゥー・プラタあたりで、チキン・カレーとロティ・プラタでも食べようかなー」と思っていました。ところが「ホワット…」は閉店していて、代わりに「インディアン・エクスプレス」という名の、これまたインド料理のストールが新たに出来ていたのです。さすがシンガポールは、店舗の変遷がめまぐるしいわ。



仕方ないので、その「インディアン・エクスプレス」に並んでみました。
メニューをざざざっと見たところ、お店側が推しているらしい料理の中から、北インドの定番メニューの「バターチキン」とプレーン・ナンを注文してみました。そしたらこのバターチキンが、も・の・す・ご・く・美味しい!
まろやかで濃厚な舌触り、ほのかな甘みと辛さが絶妙に調和した味、チキンの柔らかさ、どこを取っても文句ナシです。フードコートのレベルを超越してます。これがわずか7ドルで食べられるなんて…!

あまりの美味しさに即・寝返って、今後ここに通うことに決めました。
よく考えたら「ホワット・ユー・ドゥー・プラタ」は、ウィスマ・アトリアのフード・リパブリックにも、313@somersetのフード・リパブリックにもストールがあるしね。同じ通りに3つのストールがあったなんて、単に今まで供給過剰だっただけなんじゃ…。代わりに新しいインド料理のお気に入りのストールが増えて、とっても嬉しい私です。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ 

↑ランキングに参加しています。押していただけると励みになります。


↑本家サイト。
| あさぱん(Asa-Pan) | レストラン | 17:52 | comments(0) | trackbacks(0) | -
恵比寿のマーライオンは高嶺の花
シンガポールに戻っています。暑気特有のまとわりつくような暑さだ〜。
一時帰国中に、恵比寿でお友達とランチ会をしました。参加メンバーはかつてシンガポールに駐在していたり、シンガポールに遊びに来てくれた人々たちでした。集ったのはイタリアン・レストランだったのですが、そのお店が入っているビルの地下には、我々が気になっていたもう一つのレストランがありました。そ・れ・は…



シンガポール料理のお店、「シンガポール海南鶏飯」
お店の入口には、かなり大きなマーライオン像もいます。シンガポールラヴァー(?)たる我々は、当初このお店も会合の場所として検討していました。が、やめました。なぜなら。

海南チキンライス 950円
肉骨茶 950円
フライドホッケンミー 950円
ラクサヌードル 950円
ミーゴレン 950円

おなじみのローカル料理の面々が、ほぼ950円均一だったからです。
「ホーカーズなら950円でチキンライスは3セット食べられますね」
「肉骨茶も3杯いけますよ…」
「しかもここ、バクテーのスープはおかわり無しなんだよー(←系列店に入ったことのある人がいた)」
シンガポールでは気楽な日常メニューも、日本に入ってきた途端に、小洒落たアジアン・フードとして結構なお値段になっちゃうんだなァ!ちなみにチリクラブは一匹4500円ですって。入口のマーライオン像も、手の届かないゲージュツ作品に見えてきます。



恵比寿でのお食事会の後は、近いので目黒川へお花見に行きました。
想像を絶するほどの人混みに揉まれながら、川をトンネルのように覆う桜の美しさを堪能しました。やはり昨年の桜の時期は震災の直後で、花を楽しむ気持ちになれなかった人が多く、その分今年のお花見が盛り上がりを見せているのではないかと友人が分析していましたよ。日本が春ごとに花を楽しめる穏やかさに恵まれるよう、祈らずにいられません。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ 

↑ランキングに参加しています。押していただけると励みになります。


↑本家サイト。
| あさぱん(Asa-Pan) | レストラン | 16:59 | comments(0) | trackbacks(0) | -
上海蟹の季節は満席!アウトラムの「首都大家」
先日、アウトラムのレストランへ上海蟹を食べに行ってきました。
訪れたのは庶民的な広東料理の店「首都大家(キャピタル・レストラン)」。同行した夫も、中華系ローカルの友人ふたりも、「合格!」と口を揃えるレストランでした。何と言っても旬の上海蟹をたっぷり食べて、お値段がお手頃!この時期の店内はローカルの人々で満席です。



本場上海から直送された上海蟹は、蒸すと艶やかな橙色になります。
蟹バサミでばちんばちんと足を切り、手で甲羅をはずすと、中には山吹色の蟹味噌がたっぷり詰まっています。これがこってりしていてたまらなく美味!ヘラでごっそりほじくり出して、余すところなく堪能しました。
足にぎゅっと詰まった蟹肉も旨味にあふれています。つけあわせのソースなしでも、十分イケましたよ。

フカヒレのスープやうずらの姿焼きなども、この店の人気メニューです。
うずらの姿焼きはかなりキョーレツな外見ですが、お肉はほのかに甘みがあって味わい深いのなんの。はじめはうずらさんの頭と目が合って「うっ」となったものの、食べ出したらジューシーな食感にハマってしまいました。人間は視覚と胃袋を分離できるものなのね。



ところで、中国医学の考えでは、蟹は体を冷やす食べ物だそうです。
「だから、蟹を食べた後はジンジャーティーを飲むといいんだよ」と言って、ローカルの友人が最後に生姜茶を注文してくれました。国際都市シンガポールで育って、日頃から数カ国の言葉を使いこなす彼らも、そのルーツはやはり中国大陸にあるんだなぁと改めて実感しました。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ 

↑ランキングに参加しています。押していただけると励みになります。


↑本家サイト。
| あさぱん(Asa-Pan) | レストラン | 17:10 | comments(2) | trackbacks(0) | -
棚ボタでもらったフード・リパブリックの年間割引カード
先日、313のフード・リパブリックでデザートを食べていました。
私はローカルデザートの食べ比べを趣味としていて、個人的な採点表もつけているのですが(3/27の日記参照)、この日は「グラメラカ・ウィズ・アボガド」という野心的なメニューにチャレンジしていました。
すると「おー、グラメラカ・ウィズ・アボガドだね。おいしい?」と声をかけてきた、Yシャツ姿の青年がいたのです。



声をかけてくれたのは、何とフード・リパブリックの社員さんでした。
私がいつものようにデジカメでデザートの写真を撮っていたので、目を引いたようです。中華系シンガポーリアンの彼はさわやかな笑顔で、グラメラカ(ブラウンシュガー)とふつうのシュガーとの違いを説明してくれました。
ちなみにグラメラカ・ウィズ・アボガドは、ブラウンシュガーのちょっとみたらし団子っぽい味と、アボガドのまったりした食感がマッチして、とってもおいしかったですよん!

アボガドペーストをほじくりながら、社員さんといろいろ話しているうちに、私がイジョーにローカルデザートに詳しいことが暴かれていきました。
「君はどのくらいここに来るの?どのストールが好き?」という話になり、「毎週来てます(夫が出張中のときなどは、ほぼ毎日;;)。泰豊のフライド・ホッケン・ミーと、サージェントのチキンライスセットと、ホワット・ユー・ドゥー・プラタのロティ・プラタが好きです!!」などと答えたら、彼は「ちょっと待っててね」と言って何かを持ってきてくれました。こ、これが…

フード・リパブリックのお料理が一律10%割引になる年間カード!!
さらにいただいた名刺を見たら、シニアエグゼクティヴなにがしって書いてありました…ひょっとしてエライ人…?!
しかも「このカード、夫と一緒に使えます?」と訊いたら(私は一枚でふたり使えるかな、と思って尋ねたんですが)、「もう一枚あげるね」と言って、新たに一枚カードを持ってきてくださったのでした。ひえー恐れ多い!何とお優しい方なんだ。

他にも、お仕事で関わった日本の話や、デンプシー・ヒルやカトンのおいしいレストランの話など、いろいろなことを教えていただきました。シンガポール中にあるフード・リパブリックの同じ店舗のストールでも、「シェフの腕の違いで『ここが一番おいしい!』という店があるんだよ」ってな情報もくださいました。そんなん一顧客にバラしていいのか?!(^_^;
この割引カードによって、私のフード・リパブリック通いの回数が、今後ますます増えることは間違いありません。ビバ、フード・リパブリック♪


にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ 

↑ランキングに参加しています。押していただけると励みになります。


↑本家サイト。
| あさぱん(Asa-Pan) | レストラン | 16:22 | comments(2) | trackbacks(0) | -
建国記念の花火を愛でつつ、ベトナム料理を食べる

シンガポールの45回目の建国記念日(8月9日)が近づいてきました。
マリーナ湾に向かって立つ野外スタジアムでは、先週から毎週土曜日に、
小学生たちを招待して、記念パレードのドレスリハーサルをやっています。
空軍のアクロバット飛行や打ち上げ花火なども本番同様に行われる、
ものすごい規模の予行演習。
昨夜はその「打ち上げ花火の練習」を、思いがけない場所から拝みました。



オーチャード・セントラル12階の、空中庭園からの眺め。20時過ぎ。
この階にあるベトナム料理店「Nuoc」で、ちょうど夕食を食べていたのです。
窓の外に何やらワイワイ人が集まってきて、ドンドンと音が鳴り始めたので、
慌てて店の外に出てみたらば、屋上の手すりの向こうに満開の花火が!
ちょっとコレ、「練習」ってレベルじゃないやーん(爆)
例の3棟のタワーを繋いだ「サンズ・スカイパーク」の上に、
巨大な菊の花が咲いたかのような光景でしたよ。



予想外のオマケが付いてきたこの「Nuoc」、
レストラン単体としても、もちろんイケているお店です。
エビの生春巻きや、鶏肉のレモングラス炒めが、さっぱりしたお味で美味。
盛りつけや青磁の器も美しく、料理が運ばれてきた瞬間から盛り上がります。
12階の窓外は、昼間も夜も眺望抜群。
周囲はぐるりと池をめぐらした、水草が生い茂る庭になっています。
しかもオーチャード・ロードのド真ん中というロケーションでありながら、
お値段も良心的!そんなに高くないですよー。



まあベトナムにしばしば出張しているお友達によると、
現地で食べるベトナム料理の10倍くらいのお値段らしいんですけどww
眺望込みで考えれば、シンガポールの高級レストランとしては、
むしろ安い方といえます。シックで落ち着いた内装もグー。
親しいお友達とおしゃべりしながら、ゆっくり食べたい際にオススメです。
もちろん花火だけ見たい人にも、この空中庭園はオススメよ(笑)

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
↑ランキングに参加しています。押していただけると励みになります。

| あさぱん(Asa-Pan) | レストラン | 18:57 | comments(0) | trackbacks(0) | -
カニの蒸しおこわにホクホク in 廣東飲食

中華系ローカルのおじさまと、おいしい広東料理店に行ってきました。
ローカルで混み合うチャイナタウンのお店「廣東飲食」
ピープルズ・パーク・コンプレックスの5階にあります。
私も夫も、ここの3階にある足マッサージ店にはしばしば来ているのですが、
5階にこんなナイスなレストランがあったなんて気がつかなかったヨ!



気軽に入れる庶民的な店内は広々していて、厨房の様子も見えます。
おじさまのオススメにしたがって取ってみたメニューは、
「カニの蒸しおこわ」「冬瓜スープ」「タラのフィッシュヘッド蒸し」等。
これが、どれもこれもすごくおいしいの!!
カニのおこわは、深ーい味わいとともに、外観のゴージャスさも楽しめます。
冬瓜スープは、ひとりずつ実をくりぬいた器で出てくるところがグー。
思わず器の内壁までガシガシほじくって食べてしまう(笑)



フィッシュヘッド蒸しの上には、ニンニクと唐辛子のみじん切りがたっぷり。
しかし、見た目と違ってさっぱりしたお味です。どんどん箸が進みます。
シンガポールのガイドブックには、フィッシュヘッドというと、
必ず「フィッシュヘッド・カレー」の記事が載ってますけど、
華人はやはり中華味のフィッシュヘッド蒸しの方を好むよなー…

あまりのおいしさ&値段のお手頃さに、
ここ、認定!これからは、日本から友達が来たらこの店に連れてくる!」
と夫も私も‘自分ミシュラン’にこのお店を追加することに決めたのでした。
やはりレストランは、ジモティおすすめの店に行くに限りますね。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
↑ランキングに参加しています。押していただけると励みになります。

| あさぱん(Asa-Pan) | レストラン | 14:29 | comments(2) | trackbacks(0) | -
幸せのクロワッサン in ジョーンズ・ザ・グローサー

マンダリン・ギャラリーの4階にあるカフェ、
「ジョーンズ・ザ・グローサー」に行ってきました。
デンプシーにもこのお店があるのは知っていましたが、
オーチャード・ロードの東側の方が私にとって馴染みがあるので、
お友達に「お茶に行こう」と誘われたとき、即座にこのお店を指定。



オーストラリア発のグロッサリー&カフェであるジョーンズには、
オシャレかつおいしそうな食料雑貨がいっぱい。
特にカラフルなテーブルウェアのディスプレイがかわいくて、
前から入ってみたかったんだよネー。
紅茶を注文すると、商品の棚にも並んでいる、
10色くらいの品揃えの「お一人様用ポット」でお茶が出てきます。
中身のお茶も外側のポットも、思わず買って帰りたくなっちゃうよ。

シックな内装のカフェは、フードメニュー、デザートメニューともに充実。
一番人気はフランスの高品質バター「エシレ」を使った、
焼きたてのクロワッサンです。これがもうビックリするほど美味!!
サクサクしたパンを噛みしめるたびに、
ジワジワとおいしさがこみ上げてきて、ほっぺが落ちそうです。
ここのが、これまでの人生で食べてきた中で一番旨いクロワッサンだ(爆)
人はパンのみでこんなに幸せになれるのですね…!



フルーツがたっぷり盛られたブルーベリーやいちごのタルトも、
サックリしたタルト生地と、みずみずしいフルーツが絶妙でした。
他のテーブルではチーズとワインの試食と試飲で盛り上がっていたので、
今度はぜひそっちを試してみたいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
↑ランキングに参加しています。押していただけると励みになります。

| あさぱん(Asa-Pan) | レストラン | 18:18 | comments(0) | trackbacks(0) | -
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

このページの先頭へ