超都市国家シンガポール的日常 ブログ

HP「超都市国家シンガポール的日常」の日記です。日本を離れた旅好きのオタクは、シンガで生き延びることができるか?
<< そろそろヘイズが・・・ | main | 楽しい日本語Tシャツ・ウォッチング >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
パキスタン人さんとごはんを食べる
先日、パキスタン人の男性を交えて夕食会をする機会がありました。
夫の仕事の関係者の方です。国際都市シンガポールに住んでいると、日本ではなかなか会えないような国の人と話す機会が多いのも魅力です(^_^)



現在はドバイに住んでいるMさんは、穏やかかつほがらかな方でした。
パキスタンはイスラム教国なので、チキン中心のメニューを注文しながら、祖国やご家族のことをいろいろ話してくれましたよ。イスラム教徒なので、もちろんお酒は飲まれません。私たちは横でタイガービールなんか飲んでいて申し訳ない、ぶるぶる…

パキスタンの国語は「ウルドゥー語」です。ヒンディー語と同じ系統の言葉だそうですが、アラビア語と同じ単語を使っていたり、表記はアラビア文字とほぼ同じだったりして、パキスタン人がアラビア語を覚えるのはラクなんですって。それで、中東で仕事をしているパキスタン人が多いんだそうです。この日の夕食会ではアラビア語の読み書きができる人が何人かいたため、テーブルの紙ナプキンに文字を書きつけて、即席アラビア語講座が開かれていました。もちろん私は全く読めません(^_^;。
パキスタン国内での公用語は英語だそうで、学校で習うのも英語とウルドゥー語だそうです。英語が先なのが残念なことだ、とMさんは仰っていましたよ。さもありなん…

旅行先としては、なかなか困難そうなイメージがあるパキスタン。
でもお話を聞いていると、雄大な自然がたいへん魅力的な国のようです。私は「『風の谷のナウシカ』に出てくる風の谷は、パキスタンのフンザがモデルなんだよ」という噂を聞いたことがあって、以前からオタクとして何となく憧れを抱いていました。地方のみならず、首都イスラマバードも、一直線の大通りを中心に展開するパノラマが絶景らしいですよ。「まるでスターウォーズのような景色」だって!ぜひ行ってみたいな〜と思いました。しかし治安が不安…

でも、以前にお話したことのあるパキスタン人さんが、「市民は普通に生活しているので、危険地帯に行かなければ大丈夫。旅行は十分に可能。報道は悪い情報しか流していないので誤解を生む」と言っていたことを思い出しました。よく考えたら、原発事故で海外からの観光客が減り続けている、今の日本も似た状況ですものね(ノД`)・゜・。
Mさんも「現在の日本の状況はどうですか?」と心配してくださっていました。ここぞとばかりに「東北は復旧に向けてがんばってます。東京や西日本は通常どおりです。安全です」と力いっぱいアピールしておきましたよ。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ 

↑ランキングに参加しています。押していただけると励みになります。


↑本家サイト。
| あさぱん(Asa-Pan) | 雑記 | 19:30 | comments(2) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:30 | - | - | -
こんにちは!

私も昔親しくしていたパキスタン人の同僚がいました。
料理をよく教わって、今でも家の定番料理があります。

ところで、以前パキスタンを一月半ほど旅行した際フンザにしばらく滞在しました。景色の素晴らしい、他のパキスタンの地域とは少し違う山岳地帯です。
ぜひ一度行ってみてください。

ただ、ナウシカの舞台は「チトラール」という場所だと私は聞いてます。
あまりにも治安が悪く行く事はかないませんでしたが。
| さんぼーら | 2011/09/19 8:15 AM |

>さんぼーらさま

コメントありがとうございます!
パキスタンを一ヶ月半も旅行されたんですね、すごい。
私もパキスタン人さんのお話を聞いて行きたくなりました。

しかし風の谷のモデルはフンザじゃなかったんですか…!
チトラールに興味を持ってネットで検索してみたら、
確かにすごい絶景!こちらが風の谷かも知れませんね。
以前にネパールに行ったときも、ものすごい峡谷の風景に、
「こ、ここが風の谷のモデルじゃないの?!」と騒いだ私です(笑)
| あさぱん | 2011/09/22 3:25 PM |










http://scs-singa.jugem.jp/trackback/232
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

このページの先頭へ