超都市国家シンガポール的日常 ブログ

HP「超都市国家シンガポール的日常」の日記です。日本を離れた旅好きのオタクは、シンガで生き延びることができるか?
<< 通行人との会話に見るシンガポーリアンの機転 | main | 東日本大震災から1年…今日の新聞「TODAY」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
ローカルフードの隠れベスト1、ヨンタオフー
シンガポールのローカルフードというと、まず何を思い浮かべますか?
普通はチキンライス、ラクサ、バクテーあたりが真っ先に浮かんでくると思います。しかしフードコートやホーカーズの行列を見ていると、シンガポーリアンが本当に愛しているローカルフードは、他にある気がする。
私が「ローカル一番人気」ではないかと思っている料理は、コレです。



ヨンタオフー(醸豆腐)。元は客家料理で、日本のおでんに似てます。
魚のすり身を挟んだ豆腐やフィッシュボール、卵や野菜をお椀の中に好きなだけポンポンと入れていきます。これをお店の人に湯がいてもらって、出汁の効いたスープとともに食べます。数種類の中から選べる麺を、一緒に入れると食べ応えが増してグー。選んだ具の数によってお値段が変わります。
スープはさっぱりしたお味なので、日本人の味覚にぴったり。でもローカルは小皿にチリソースを入れて、スープに注ぎながらピリ辛味に調整する人もいます。せっかくのお出汁が効いたスープを、なぜわざわざ激辛にぃぃー(爆)



昼休みに当たる時間にヨンタオフーのストールに行くと、いつも大行列。
私の実感では、チキンライスやラクサのストールよりもずっと混み合っています。自分で具を選べるため、食欲に合わせて量を調節できるところがいいのです。フードコートやホーカーズの料理は一般的に野菜が不足しがちですが、ヨンタオフーは野菜の具が多いところも魅力的。
ローカルがお椀に具を入れる様子をギンギンに睨みながら、彼らが数多く取っていく具を何品か選ぶと、間違いがない気がします。野菜をくりぬいてすり身をつめたものが、特にワタシのお気に入りです。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ 

↑ランキングに参加しています。押していただけると励みになります。


↑本家サイト。
| あさぱん(Asa-Pan) | 食材、料理 | 18:08 | comments(2) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:08 | - | - | -
なんかこの具が並んだ雰囲気、串に刺してあれば大陸の麻辣湯だけど、辛くない+麺入りっていうのが南方仕様って感じがするなあ。それでいて、練り物が入るあたりは火鍋とかそんな雰囲気。いずれにしてもローカル中華テイスト満点。ま、そもそも客家って漢族なわけだから、食べ物が似てくるのは当然なのかな。
ただ麻辣湯も日本に入ってきていないんで、日本人がイメージする「中華料理」の概念からは遠いんだけどね。
にしてもシンガポール行きたいなあ。。。。
| あんどぅ | 2012/03/10 12:29 PM |

>あんどぅさま

そうです、ヨンタオフーの具は練り物が多くて、ちょっと「個食の火鍋」って雰囲気も醸し出しています。とはいっても、さっぱりしたお味なんですけどね(ジブンでチリソースを入れない限り)。
ところで最近、シンガポールの火鍋屋街にもデビューしました。通り全体に火鍋レストランが並んでいるところで、どっちを向いても皆が鍋にグツグツと肉を入れまくっていて、壮観なのです。またおいでませ、シンガポール!!
| あさぱん | 2012/03/11 9:38 PM |










http://scs-singa.jugem.jp/trackback/265
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

このページの先頭へ