超都市国家シンガポール的日常 ブログ

HP「超都市国家シンガポール的日常」の日記です。日本を離れた旅好きのオタクは、シンガで生き延びることができるか?
<< 東日本大震災から1年…今日の新聞「TODAY」 | main | 壮観!七色のマーライオン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
海を渡ったロティ・プラタ
シンガポールでは、本格インド料理が気軽に食べられます。
人数を集められるときはリトルインディアのレストランに行き、チキン・ティカ・マサラやらタンドーリ・ムルグやらマトン・カレーやらダール・カレーやらを好きなだけ頼んで、皆でシェアしながら食べます。しかし一人でインド料理が食べたくなったときには、私はフードコートに行きます。頼むのはこれ。



ロティ・プラタ とカレー(←この写真のはチキンカレー)。
「ロティ」は南インドから海を渡って伝わった、丸いパンケーキあるいはクレープのようなものです。シンガポールでは「ロティ・プラタ」と呼び、マレーシアでは「ロティ・チャナイ」と呼ばれることもあるそうです。
表面はサクサク、中身はモチモチのロティ・プラタは、ちぎってカレーを付けながら食べます。独特の歯応えのロティは、チキン・カレーやマトン・カレーやベジタブル・カレーなど、どんなカレーにもぴったり。私はよく、313@サマセットのフード・リパブリックにある「ホワット・ユー・ドゥー・プラタ」で食べてます。ここのストールは、店員さんがにこやかでイイのです。

ところで、1月にアフリカへ旅行をしたとき、ケープタウンにあるマレー人街に行きました。南アフリカは17世紀後半からオランダ領となっていた経緯から、当時のオランダ東インド会社によって、多数のマレー人がケープタウンに移住させられたという歴史があるのです。そのため現在もマレー系の人々がたくさん住んでおり、マレーの食文化も南アフリカの料理と融合して、土地に深く根付いています。
そんなマレー人街で、思いがけず見つけたのがこの看板。



おおお、ロティの看板ーー!
シンガポールと同じく「ロティ・プラタ」って名称になってますよ!シンガポールでの綴りの「Roti Prata」と違って、「Roti Paratha」ですけど。
私がフードコートでしばしば食べているロティ・プラタは、インドから海を渡ってシンガポールにやってきて、さらにアフリカ大陸にまで根をおろしていたんだなあ…と感慨深くなりました。おいしい食べ物に国境は、無い(^_^)

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ 

↑ランキングに参加しています。押していただけると励みになります。


↑本家サイト。
| あさぱん(Asa-Pan) | 食材、料理 | 15:17 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 15:17 | - | - | -









http://scs-singa.jugem.jp/trackback/267
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

このページの先頭へ