超都市国家シンガポール的日常 ブログ

HP「超都市国家シンガポール的日常」の日記です。日本を離れた旅好きのオタクは、シンガで生き延びることができるか?
<< マーライオンをガンダムに! | main | ドラゴンボールの痛車がへっちゃらで快走 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
クセになるローカル料理、バンミー(板面)
最近私が激しくハマっているローカルフードは、バンミー(板面)です。
もとは客家の人々がシンガポールに伝えたもので、平たい手打ち麺を出汁の効いたスープに入れてたべる料理。シンガポール版きしめんのようものです。フードコートやホーカーズに行くたびに、ついこの料理のストールに並んでしまいます。



激辛料理が多いシンガにあって、この料理のさっぱりした旨味は貴重。
日本のうどんのような感覚で、スルスル食べられます。特筆すべきは麺の上にイカンビリス(イワシの煮干しを揚げたもの)がどっさり載っかっていること。カリカリした食感はやみつきになりますし、これがスープに染み渡った後も、独特の旨味が広がってもうたまりません。
イカンビリスは好き嫌いが分かれるのか、注文するときにお店の人から「入れる?入れない?」と訊かれることが多いのです。そんなとき、私はいつも「どっさり入れて!」と即答してます(笑)。

お椀の中にはイカンビリスの他にも、ポークミンチや卵、海老やしいたけや青菜などがたっぷり入っています。平たい麺の中から、これらの具を探すのも楽しいひととき。私にとって「シンガポールの麺料理」とは、ラクサよりもフィッシュボール・ヌードルよりも、断然バンミーなのです!

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ 

↑ランキングに参加しています。押していただけると励みになります。


↑本家サイト。
| あさぱん(Asa-Pan) | 食材、料理 | 13:40 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 13:40 | - | - | -









http://scs-singa.jugem.jp/trackback/270
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

このページの先頭へ