超都市国家シンガポール的日常 ブログ

HP「超都市国家シンガポール的日常」の日記です。日本を離れた旅好きのオタクは、シンガで生き延びることができるか?
<< 魅惑のバターチキン@インディアン・エクスプレス | main | 嵐の中へ帰るお客様と、シンガポール航空最強伝説 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
世界最高のコーヒー「コピ・ルアック」をおみやげに
ジャカルタ出張に行っていた夫が、おみやげを持ち帰ってきました。
金茶色の袋に入っていたのは、コピ・ルアックのインスタント粉末!
世界で最も希少価値の高いコーヒーとされる、インドネシアの特産品です。いつぞやNHKワールドプレミアムの「ワールドWave Tonight」でも取り上げていたので、海外在住者にも知っている方が多いと思います(余談だけど、あの海外放送枠は、「Bizプラス」のまんまにしておいて欲しかったぞ>NHK!)。



コピ・ルアックは、ジャコウネコのからのみ採れるコーヒーです。
ジャコウネコがコーヒーの実を食べると、果肉が消化されて、種子に当たるコーヒー豆はそのまま排泄されるんですって。その中からコーヒー豆を取り出し、きれいに洗浄して、天日で干したものがコピ・ルアックになるんだそうです。なんでも、ジャコウネコの腸内で発酵させることによって、コーヒー豆に独特の豊かな香味が加わるらしいですよ。ちょっと飲むのに勇気が要る生成方法ですね(笑)

しかし好奇心がためらいを遙かに上回ったため、早速飲んでみました。
フツーのインスタントコーヒーのようにお湯(160ml)を注ぎ、ふたをして2分待ち、粉末が沈殿してから上澄みの部分を飲みます。おお、確かにインスタントとは思えない、すばらしい芳香だ…!
恐る恐る飲んでみたお味の方は、酸味が少なく、マイルドかつ濃厚なものでした。「これ、インスタントじゃなくてちゃんと豆を挽いて淹れたものだったら、もっとおいしいんだろうなあ」という感じもしましたよ。私の印象としては、香り>>>味ですね。



ちなみにこのインスタントパック一袋のお値段は、8USドル(630円)!
円高のおかげでやたらと安く思えちゃいますが、これが国外に出ると、一杯何千円にもなるんだそうな。なんというボッタクリ…。ダンナさんがジャカルタに出張に行く際には、これをおみやげに頼んでおいた方がいいですよ、駐妻の皆さん!(爆)。シンガポーリアンに訊いたらちゃんと知っていましたので、話のタネとしてもなかなかナイスです。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ 

↑ランキングに参加しています。押していただけると励みになります。


↑本家サイト。
| あさぱん(Asa-Pan) | 食材、料理 | 18:03 | comments(3) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:03 | - | - | -
飲みたい!!!
| あんどぅ | 2012/06/13 9:25 PM |

>あんどぅさま

あげます。夫がまたジャカルタに出張に行ったときに、買ってきてくれるって(笑)
| あさぱん | 2012/06/25 5:29 PM |

やったー!楽しみにしています!
| あんどぅ | 2012/06/26 8:31 PM |










http://scs-singa.jugem.jp/trackback/284
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

このページの先頭へ