超都市国家シンガポール的日常 ブログ

HP「超都市国家シンガポール的日常」の日記です。日本を離れた旅好きのオタクは、シンガで生き延びることができるか?
<< 「パンダ歓迎」パンだ!@ブレッドトーク | main | 日本のオタクTシャツを着たローカルギャル >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
お一人様フィッシュヘッド・カレー@マリーナ・スクエア
普段私がよく行くフードコートは、オーチャード・ロードのものです。
アイオンのフード・オペラや、リニューアルされたウィスマ・アトリアのフード・リパブリックなどには、特によく出没します。しかし「たまには窓外の景色でもゆっくり眺めながらローカルフードを食べたい」というときに選ぶのは、断然ここです。



マリーナ・スクエアの4階にあるフードコート、ギャラリー
南側の壁が全面ガラス張りになっていて、目の前にどどーんとマリーナ・ベイ・サンズが見られます。窓に近い円卓に陣取ってこの景色を見ながら、5ドルくらいでローカル料理を食べると、「おお、シンガポールっていいねー」と改めて感じ入ります。



ところで私は、フィッシュヘッド・カレーが大好きです。
シンガポールのインド料理の代表格で、「リトルインディアに行ったらこれを食べておけ!」という感じの観光客向けメニューですが、食べるたびにワクワクします。盛椀の中にごろりと入った魚の頭が迫力で、ピリ辛だけど酸味のあるカレースープによく合っています。ところがこれ、ボリュームが大きいものですから、通常2〜3人前からしか注文できないのが玉に瑕。インパクトが強すぎる料理だからか、これをしょっちゅう一緒に食べてくれる人は周りにあんまりいません(泣)。し・か・し…



このギャラリーの中には、お一人様用フィッシュヘッド・カレーが食べられるストールがあるのです!『ジェイド・オブ・インディア・フェスト』というこのお店(壁の上部に大きく「インディアン・キュイジーヌ」と書かれています)では、フィッシュヘッド・カレーにごはんとパパド(大きな豆のチップス)が付いた、セットメニュー↑が用意されています。
椀の中にごろんと入った魚の頭は、リトルインディアの名店のものに比べれば小ぶりですが、食べ応えたっぷり。オクラやナスとともによく煮込まれており、スパイシーかつ酸味が効いたカレースープにぴったりマッチします。6.8ドルとお手頃な価格も嬉しいポイントです。

エキサイティングな景色を見ながら、一人でフィッシュヘッド・カレーを食べたくなったときには、ぜひ足を運んでみてください。一人旅の方にもオススメです!

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ 

↑ランキングに参加しています。押していただけると励みになります。


↑本家サイト。
| あさぱん(Asa-Pan) | レストラン | 18:15 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:15 | - | - | -









http://scs-singa.jugem.jp/trackback/312
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

このページの先頭へ