超都市国家シンガポール的日常 ブログ

HP「超都市国家シンガポール的日常」の日記です。日本を離れた旅好きのオタクは、シンガで生き延びることができるか?
<< 本帰国しました。引越作業はやっぱり大変! | main | 絶品アヤム・ブアクルアを食べに、Gd O'timesに走る! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
空飛ぶアングリーバードに乗ってセントーサへ
本帰国も間近に迫った日に、シンガポール・ケーブルカーに乗りました。
「シンガポールの観光施設で訪れたことのないもの」を考えるうちに、夫も私も「そういえばケーブルカーに乗ったことがないよね」と思い至ったからです。ハーバー・フロント・センターからマウント・フェーバーを経由して、セントーサ島へ到るルートを回ってみました。



昨年末まで、ケーブルカーはアングリーバード仕様になっていました。
空飛ぶアングリーバードのキャラクターたちのキャビンが、ちょっと可愛くて絵になっています。キャビンの中のモニターでも、アングリーバードのアニメが流れていました。大きな窓からは、ユニバーサル・スタジオ・シンガポールや、セントーサ島の巨大マーライオン、マウント・フェーバーを覆う木々を、眼下に眺めることができます。結構な迫力。





マウント・フェーバーの公園では、ちょっとビックリする光景が。
シンガポールにいる5体のマーライオンのうち、高さ2mくらいの一頭が鎮座している場所です。この公園に、続々と中国人観光客がやってくるのです。丘の上にある路上には、次々に観光バスが到着し、中国人の団体さんをはき出していきます。彼らはマーライオン4号(仮名)に抱きついたりして、そりゃー賑やか。
マリーナ湾の本家マーライオンのそばには、大量の観光バスが停車できるスペースが無いので、こちらに団体客の観光コースが組まれているんでしょうか。フツウの観光客は、あんまりマウント・フェーバーには行かないよね?!





黄昏時に空からセントーサ島に向かったら、雰囲気満点でした。
なんとキャビンでシャンパンを飲むことのできるコースもあり、結構な数のカップルが、贅沢な空中散歩を楽しんでいましたよ。アングリーバードの中でシャンパンを乾杯する、という絵面のギャップに、ちょっと笑ったけどね。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ 

↑ランキングに参加しています。押していただけると励みになります。


↑本家サイト。
| あさぱん(Asa-Pan) | 見どころ散策 | 00:26 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:26 | - | - | -









http://scs-singa.jugem.jp/trackback/325
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

このページの先頭へ