超都市国家シンガポール的日常 ブログ

HP「超都市国家シンガポール的日常」の日記です。日本を離れた旅好きのオタクは、シンガで生き延びることができるか?
<< 空飛ぶアングリーバードに乗ってセントーサへ | main | シンガポールの思い出にチョメルのピアスを買う >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
絶品アヤム・ブアクルアを食べに、Gd O'timesに走る!
本帰国の直前に、プラナカン料理を食べに行きました。
会社から貸与されている車(日産車)を手放す前日に、
「どこか、車でしか行けないレストランに夕食を食べに行こうか」
「じゃあ、チャンギ・ビレッジのプラナカン料理店!」

と言う話になったのです。実はアヤム・ブアクルアが大好きな私…



訪れたのはGd O'timesというお店。ローカル客に愛されています。
かつてプラナカン・レストランで修業をした、インド系のシェフが作るお料理が、おいしいのなんのって。プラナカン料理は「ニョニャ料理」とも呼ばれ、中国からの移民が、マレー半島や西洋の食文化をミックスさせて生み出していったものです。
その特徴は、マレー料理のスパイスや木の実、タイやインドのハーブが、ふんだんに使われていること。何が隠し味なのかすぐにはわからない、複雑で深ーーい味わいが魅力です。中でもアヤム・ブアクルアは代表的なメニューです。



外見は地味ですが、奥深い味にハマるのが、このアヤム・ブアクルア。
カテゴリとしては、プラナカン風ハヤシライス、あるいはチキンカレーといったところでしょうか。でも、この二つとはぜんぜん異なる味です。鶏をブラック・ナッツ(ブアクルア)で煮込み、ごはんを添えて食べる料理。
このブラック・ナッツの使い方が、たいへん凝っています。二晩水に浸した実を二つに割り、中身を砕いて干しエビやスパイスを混ぜ込んだものを、また殻に戻してソースと一緒に煮込んでいます。手の込んだブラック・ナッツが醸し出す、奥深い味のソースが最高。
このお店のアヤム・ブアクルアは、特に酸味と辛さのバランスが絶妙なのです。ナッツの中身のペーストも、ほじくって食べるとおいしいんですよ!



カニ入り肉団子のスープのバクワン・ケピティンや、豚ひき肉を湯葉で巻いて揚げたンゴー・ヒャンも、おかわりしたくなるおいしさです。プラナカン料理の奥深い味は、一度食べてみる価値があると思います。
とは言え、このお店は市中心部から、車で30分くらいかかります。今後私たちがシンガポールへ遊びに行くことがあったとしても、そうそう簡単にここを再訪することはできないでしょう。記憶の中の味を留めておくために、この日記を書いてみました。シンガポール在住で車を持っている方は、機会があったら足を運んでみてくださいね。

◆Gd O'times: Blk 5 Changi Village Road, #01-2017

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ 

↑ランキングに参加しています。押していただけると励みになります。


↑本家サイト。
| あさぱん(Asa-Pan) | レストラン | 23:45 | comments(1) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:45 | - | - | -
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2013/02/15 11:12 AM |










http://scs-singa.jugem.jp/trackback/326
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

このページの先頭へ