超都市国家シンガポール的日常 ブログ

HP「超都市国家シンガポール的日常」の日記です。日本を離れた旅好きのオタクは、シンガで生き延びることができるか?
<< 白人女性のロング丈キャミソール・ワンピース | main | マリーナ・ベイ・サンズのレーザーショーが一番格好良く撮れる場所 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
4月にリバーサファリがようやくオープン!
リバーサファリがようやくオープンするそうですよ!4月3日ですって。
当初は2012年初頭にオープンする予定でしたから、なんと一年以上延期になっていたわけです。しかし全体はまだ完成していないとのことで、現在出来ている部分から、見切り発車の公開になるそうです。シンガポールらしいですよね(笑)



具体的にはミシシッピ川、ナイル川、アマゾン川、長江などの水生動物を展示するゾーンを、先に公開するそうです。昨年末から先行公開しているパンダは、長江ゾーンにいます。
そして、ボートに乗ってアマゾンを模した川とジャングルを観察する「ボートライド」は、今年後半のオープンになるそうです。このアトラクションが最大のウリなのに!(^_^;






リバーサファリをはじめ、ナイトサファリやシンガポール動物園を経営する「ワイルドライフ・リザーブ・シンガポール」のサイトには、7頭のマナティがリバーサファリの最初の住人として「アマゾンの浸水の森」に移された、という記事がアップされています。20人以上の飼育員さんたちが、2日かがりで巨大なマナティたちを移動させたんだそうな。担架に載せて運ばれていく重そうなマナティの写真を見ると、スタッフの皆様のご苦労が偲ばれます。

私はシンガポールに住んでいる間、「リバーサファリのオープンと、うちの本帰国とどっちが先かなあ。パンダは見たいなあ…」と思い続けていました。結局リバーサファリのオープン前に帰国することになりましたが、パンダについてはシンガポール動物園から誘導して先行公開、というフライング・スタートになったため、どうにか見ることができたわけです(1月6日の日記参照)。
リバーサファリ本体は、いち旅行者として見に行こうーっと。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ 

↑ランキングに参加しています。押していただけると励みになります。


↑本家サイト。
| あさぱん(Asa-Pan) | 見どころ散策 | 18:42 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:42 | - | - | -









http://scs-singa.jugem.jp/trackback/332
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

このページの先頭へ