超都市国家シンガポール的日常 ブログ

HP「超都市国家シンガポール的日常」の日記です。日本を離れた旅好きのオタクは、シンガで生き延びることができるか?
<< リバーサファリ探訪2・マナティーたちの圧倒的存在感 | main | シー・アクアリウム探訪2・マンタが突っ込む海底散歩 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
シー・アクアリウム探訪1・世界最大の海洋水族館なの?
セントーサ島の新名所、シー・アクアリウムの事を書こうと思います。
なんと3週間ぶりの更新(´Д`;)。先月シンガポールに一次帰星(?!)した際に、いち観光客として訪れた場所について、あらかた書いてからこのブログを閉じようと思っているのです。が、いろいろやることが多くて、なかなか進みません。



シー・アクアリウムは、2012年の年末にオープンした「マリンライフ・パーク」の一部です。ていうか、半分です。
海と親しむ総合施設であるマリンライフ・パークは、「水族館パート」と「遊園地パート」の二つに分かれていて、前者を担うのがシー・アクアリウムです。そして遊園地側の名称は「アドベンチャー・コーヴ・ウォーターパーク」。このアトラクションは、シー・アクアリウムから西に300メートルほど離れた所にあります。
・・・ぶっちゃけ、この二つは最初から別々の施設としてオープンすれば良かったんじゃないの?と思う。料金も別だし。あまり近くないので、特に繋がりが感じられません(^_^;。



チケットを購入してシー・アクアリウムの建物の中に入ると、真っ先に目に入るのは、巨大な帆掛け船のレプリカです。なんで?!
実はシー・アクアリウムの1階は、航海と交易の歴史を学ぶ博物館「マリタイム・エクスペリエンシャル・ミュージアム」になっています。入口の船は、明の鄭和が1400年代に大航海を決行したときの船。他にもアラブの木造帆船があったり、当時の交易都市が再現されていたり、360度マルチメディアで嵐の中の航海を体感できる「タイフーン・シアター」なんかがあったりします。



しかし、あくまで水族館が目当てのお客さんにとっては、マリタイム・エクスペリエンシャル・ミュージアムは「なんじゃこりゃー」って感じじゃないでしょうか。実際、素通りするお客さんも多かったし(^_^;。
シー・アクアリウムとマリタイム・エクスペリエンシャル・ミュージアムを別々の料金体系にして、水族館だけが目当ての人には、もう少し料金を安くしたチケットを売ってほしいよう。

シー・アクアリウムの真の入口は、エスカレーターで降りた地下にあります。
最初に現れるのは、アクリル張りのトンネル水槽。ジャワ海とカリマタ海峡を再現した水槽の中には、難波船のディスプレイが設置されており、その間を東南アジアの熱帯魚やアジ、スズキの群れが泳ぎまわっています。この船の残骸と、魚の群れが行き交う様子は、なかなかスゴイ。





その後、「マラッカ海峡とアンダマン海」「ベンガル湾とラッカディブ海」…といった具合に、アジアからアラビア湾まで10のエリアに分けた水槽が続いていきます。ひとつひとつの水槽は興味深いんだけど、なんかセントーサ島の西部にある「アンダー・ウォーター・ワールド」と、さほど印象は変わらないんですよねぇ。このシー・アクアリウムは「世界最大の海洋水族館」というのが売り文句なのですけど、どのへんが最大なの?!という疑問を持ってしまいます。
しかし見学順路の折り返し地点、館内最奥部にある「オープン・オーシャン」というコーナーにたどり付いた途端に、その印象が180度変わりましたよ・・・!

◆「シー・アクアリウム探訪2、オープン・オーシャンで海底散歩気分」につづく。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ 

↑ランキングに参加しています。押していただけると励みになります。


↑本家サイト。
| あさぱん(Asa-Pan) | 見どころ散策 | 20:19 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 20:19 | - | - | -









http://scs-singa.jugem.jp/trackback/337
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

このページの先頭へ