超都市国家シンガポール的日常 ブログ

HP「超都市国家シンガポール的日常」の日記です。日本を離れた旅好きのオタクは、シンガで生き延びることができるか?
<< シー・アクアリウム探訪2・マンタが突っ込む海底散歩 | main | ペナン・ラクサが食べられる!「ラクサニア・エクスプレス」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
シンガポールブランド・Fondの服で、夏の旅を闊歩!
ご無沙汰しています。あまりに久しぶりすぎて、手が震えそう(笑)
まだちょっとシンガポールについて書きたいことがあるのですが、なかなかまとまった時間が取れませんでした。今日から何日か続けて日記を更新して、7月末日にはこのブログを終了しようと思います。もうしばらくおつきあいいただけると嬉しいです。

4月下旬にシンガポールに行ったとき、お洋服をたくさん買いました。
シンガの服ですから、もちろん夏服です。今年の日本は7月初旬に梅雨が明けて、いつもより早く夏がやって来たため、それらが今バリバリ役に立っています。中でもお気に入りの服は、シンガポールデザイナーのブランド「Fond」の服です。(こちらの日記も見てね☆)



滞在中にまず足を運んだのは、グレート・ワールド・シティのFond。
そのときは顔なじみの店員さんがいませんでしたが、「この近所に住んでいたとき、貴店の、こういう服を買っていたのよー」と話したら、同じテイストの服をいろいろ持ってきてくれました。プリントもののお洋服を2枚以上買うと30%オフのプロモーションをやっていたので、即・買い。

ところでグレワのFondの隣には、マレーシア発のコロニアル風ファッション・ブランドのお店「British India」があります。インドのファッションにヒントを得たこのブランドも好きで、特に夫は、しばしばこのお店の服を買っていました。
それで夫と私が「British…」の店舗に足を踏み入れたとたん、こちらはなじみの店員さんが、「おー、久しぶり!シンガポールに帰ってきたの?!」と飛んできてくれたんですよ!

British Indiaの店員さんには、本帰国する前に、「今日でここに来るのは最後なんだよ…」と挨拶していたのです。その後もちゃんと、お得意さんの顔を覚えていてくれたことに感激しました。そして、本帰国してからわずか3カ月でシンガポールに舞い戻ってきた(数日だけど)我々に、店員さんも感激してくれました。まあこのときは、British Indiaでは何も買わなかったんですけど(笑)。

Fondの服は、シンガポールらしい明るい色が多く、写真映えがします。
だから旅行をするときには必ず荷物に入れていきます。先日は北海道の富良野・美瑛地方を旅行したときに、さんざん着用して写真を撮りました。ラベンダー畑や麦畑を背景に、いい感じに映りましたよ。



7月の富良野や美瑛は中国人観光客だらけでした。日本人客より多いよ!
しかし富良野のファーム富田では、シンガポールからの観光客ご一行様に出会いました。ラベンダーの時期だけ走る臨時列車の中で、シンガポールのローカルフードや日本の皇室の話題で大盛り上がり。(←シンガポールに住んでいたときも思ったんだけど、シンガポーリアンって日本の皇室についてやたら詳しいですよね?!)
そんな彼らが着ていたのも、いかにもシンガポールらしい、明るいパステルカラーの服だったのでした。シングリッシュのイントネーションと服の色で、すぐにシンガポーリアンだと判ったぞ(笑)

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ 

↑ランキングに参加しています。押していただけると励みになります。


↑本家サイト。
| あさぱん(Asa-Pan) | ファッション | 17:27 | comments(1) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:27 | - | - | -
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2013/08/05 8:40 PM |










http://scs-singa.jugem.jp/trackback/340
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

このページの先頭へ